そもそも高血圧とは一般的にどのような人のことを言うのでしょうか?他の人より少し血圧が高いことを高血圧だと勘違いしていませんか?どういった場合に高血圧に該当するのか、高血圧だった場合はどうすればいいかを考えていきましょう。

手にある薬と血圧測定器
血圧測定器

血圧が高い状態が維持されてしまうことによって致命的にもなる合併症が生じてしまうということが知られるようになってきました。
血圧が高い状態は血管、心臓、腎臓といった器官に大きな負担をかけることになります。
その結果として、動脈硬化や心不全、腎不全といった合併症を生じていきやすくなってしまいます。

動脈硬化はそれ自体ではそれほど自覚できるような症状が生じませんが、それによって血管の閉塞や破裂が起こると心臓では心筋梗塞、脳では脳出血や脳梗塞といった致死リスクの高い疾患をさらに合併していくことになってしまいます。
こういった兼ね合いから高血圧に対する恐怖が高まってきているのが現代の特徴です。
血圧には至適な範囲が定められており、それをもとにして高血圧とされるボーダーラインも考えることができます。
至適血圧とされるのは収縮期血圧が120mmHg未満かつ拡張期血圧が80mmHgというものであり、この状態であれば安心して構わない状況です。

その上に正常血圧、正常高値血圧というものが設定されており、それぞれ収縮期血圧が130mmHg未満かつ拡張期血圧が85mmHg未満、収縮期血圧が130mmHgから139mmHgまたは拡張期血圧が85mmHgから89mHgとされています。
これ以上になると1度から3度高血圧といった形で高血圧に分類されていくことになります。
そういった考え方のもとづくと収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上というのが高血圧のボーダーラインとなります。
しかし、至適血圧よりも高値を示すようになってきてしまっている場合には対策を立て始めるのが良い考えであり、ボーダーラインに乗らないようにすることが重要です。

生活を正せばすぐ治る?

高血圧は生活習慣病のひとつです。
ですからその発症には生活習慣が深く関係しています。
たとえば塩分の多い食生活が挙げられます。
血圧を下げる食べ物を多く摂取するという方法で高血圧を改善することも可能ですが、まずは塩分の過剰摂取抑制が先になります。

塩分を過剰に摂取すると、体の中で塩分と水分のバランスを保つ役割をしている腎臓に対しての負担が大きくなり、その結果不要な水分が排出されにくくなり、血管内を流れる血液量が増加して高血圧になりやすくなるとも言われています。
また単純に塩分を摂取しすぎると喉が渇き、それを癒すために水をたくさん飲むようになります。
すると血液量が増加するため血管にかかる負担も増加して、それが慢性化すると高血圧になると言うことも言えます。
また長期にわたり喫煙習慣がある人、日々の生活の中でまったく運動をする習慣がない人は血管の柔軟性が失われている可能性もあります。
硬くなった血管は僅かな血液量の変化にも対応することができず、血液量が増えたらその分だけ圧力を受けてしまい、高血圧になりやすいと言えます。

高血圧の原因が生活習慣によるものだと明らかになっている場合にはまずはその生活習慣を正すことが求められます。
しかし生活を見直せばすぐに治ると言うものではありません。
そもそも高血圧とは血圧の高い状態が常に続いている状態のことです。
よってそれが治ると言うことは、血圧が正常である状態が常に続いている状態であることを意味しています。
すぐに血圧が低下したとしてもそれがずっと続いていなければ、それは治ったとは言えないのです。

実はここに高血圧治療の難しさがあります。
たとえ生活を見直して一時的に血圧が低下しても、少し気を抜けばまた元の数値に戻ることは少なくありません。
また生活を正したことに体が慣れてしまうと、以前よりも小さな生活習慣の乱れによって、また血圧が上昇してしまう可能性もあります。
すぐに治る、治らないと言う点を重視するのではなく、生活を見直し続けることが求められます。
どうしても生活の改善での治療が難しいということであれば、降圧剤のような薬に頼ってみるのもいいかもしれません。

ミカルディス服用時の注意事項について

ミカルディスは高血圧症治療薬として日本で広く使用されています。
その有効成分はテルミサルタンというものでアンギオテンシン受容体拮抗薬という分類に属します。
レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系と呼ばれる循環機能を調整する機能の中間を担うアンギオテンシンIIの受容体への結合を阻害することによって、レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系が働かないようにして血圧を下げる効果を示します。

このミカルディスは当然血圧を下げる効果があるのですが、それ以外にも心臓や腎臓を保護する働きがあり、高血圧の未来にある予後を改善する効果があるため頻用されています。
ここではそのミカルディスの服用時の注意事項について説明します。

まずミカルディスの副作用として最も起こりやすい、低血圧、頭痛、顔面紅潮に注意する必要があります。
これはミカルディスの血管拡張作用が強すぎるために起こる副作用です。
血管拡張によって偏頭痛が起こる場合もあります。
偏頭痛の薬も常備しておくといいでしょう。
このように、副作用が起こった場合には医師に相談し、用量調節や薬剤変更を検討する必要があります。
このような副作用は特に肝機能が低下している方に起こりやすいです。
なぜなら有効成分テルミサルタンは肝臓から胆汁中に排泄されるため、肝機能が低下している場合には体内に薬が貯まりやすくなってしまうからです。

また高カリウム血症を起こしやすい薬としても知られています。
高カリウム血症とは文字通り血液中のカリウムイオン濃度が上がってしまっている状態をいいます。
これが起こると悪心嘔吐などの消化器症状、しびれ、脱力感などの筋肉・神経症状、不整脈などを引き起こしてしまう可能性があります。
このような症状が気になる場合には早めに医師に相談するようにしましょう。
特に心疾患を持っている場合には不整脈が起こりやすくなるので気を付けましょう。

記事一覧

最近では高血圧という言葉が注目を集めており、週刊誌などで取り上げられる機会も増えました。 週刊誌で取...

うつ病というと特別な病気だと考える人もいるかもしれませんが、現代においては比較的ありふれた病気となっ...

高血圧の改善を目指していくためには、食生活を塩分を控えめにした和食中心のメニューにするとよいと考えら...

高血圧は、単一の病因では無く様々な要素が絡んで発症する本態性と他の疾患や治療薬が原因で発症する二次性...

薬のケース

高血圧患者は血圧が高い状態になると危険だと言われています。 しかし単に低血圧状態になれば良いというわ...

血圧を測定する医者

高血圧は生活習慣病の一つとして世の中に知らしめられるようになり、多くの人がリスクの高い疾患として認識...

錠剤のケース

高血圧の状態が長年にわって続くと、血管内に圧力が加わりますので、血管は自らを丈夫に保とうとして、血管...

男性の医者

日本人の食卓には、漬物がよくあがります。 好きな人達は、漬物がないとご飯が進まないことがあります。 ...