そもそも高血圧とは一般的にどのような人のことを言うのでしょうか?他の人より少し血圧が高いことを高血圧だと勘違いしていませんか?どういった場合に高血圧に該当するのか、高血圧だった場合はどうすればいいかを考えていきましょう。

手にある薬と血圧測定器
  • ホーム
  • 自覚症状がない高血圧予防にお茶を飲む

自覚症状がない高血圧予防にお茶を飲む

血圧を測定する医者

高血圧は生活習慣病の一つとして世の中に知らしめられるようになり、多くの人がリスクの高い疾患として認識するようになりました。
自覚症状なく進行してしまうというのが最もリスクが高い面であり、それによって心臓や腎臓の疾患が生じてしまったり、動脈硬化を経て脳出血や脳梗塞、心筋梗塞といった命にかかわる疾患を合併してしまうことが知られるようになっています。

自覚症状がないということから自分で血圧測定を行って自己管理をしていくという考え方を持つことが大切であり、手軽に自宅で測定ができる血圧測定器も広まってきています。
高血圧においては予防と治療をできるだけ早期に行うということが重要であり、高血圧と診断される前からその予防のための生活習慣の見直しが求められるようになっています。
しかし、高血圧になる前であれば生活習慣を改善するという試みよりも高血圧を予防するための新しい習慣を取り入れるという考え方も大切です。

その一つとして有用なのがお茶を飲む習慣です。
世の中には一般的な緑茶や紅茶だけでなく、様々な野草から作られたお茶があります。
その中にはカリウムを多く含んでいて高血圧の予防や治療に効果が期待できるとされるお茶や動脈硬化の予防に寄与するとされるお茶も数多くあります。
そういったお茶を飲む習慣をつけることによって、高血圧になるリスクを低減したり、万が一なってしまっても典型的な合併症である動脈硬化を予防することができると期待することができるでしょう。
自覚症状がない疾患であるからこそ、かかってしまう前から対策を立てていくことが大切です。
高血圧を心配する必要のない生活習慣として自然に取り入れやすいお茶に注目すると良いでしょう。

関連記事